FC2ブログ

2018-09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/6全体練習

参加者:あんちゃん、あかね、がんちゃん、ペグ、まさ、ながまっちゃん、にしけん、さっさん(最初の20分だけあつしと西田君参加)

練習試合からの流れだったのでほとんどがVaronilメンバーでした。
なのでさっきの試合でできなかった事をさっそく練習です。

まずはDF時のポジショニング。
試合ではそれぞれが思い思いの場所にいたり、かってにマークを離したりとなかなかフリーダムな感じだったので、ペグコーチのもとDFの基本的なポジショニングの確認を行いました。

具体的には、
①自分がマークしている選手と自分のゴールを結んだライン上で
②自分がマークしている選手とボールの両方を見ることができ
③自分がマークしている選手にパスが出た時にすぐに寄せることができる位置
です。

そしてもうひとつ、ボールラインより下がること。
ボールラインとは、ボールがある位置から真横に引いた仮想ラインで、DFの選手がこのラインより前にいても守りに参加することができません。
え?自分がマークしている選手も前にいるからいいじゃないかって?
その選手は攻撃に参加しない代わりにチームメイトにスペースを作っています。
とっとと下がって4対3で有利に守ってしまいましょう(^^)

もちろん相手はドリブルやパスでボールを動かすので、その都度DFのポジションを修正する必要があります。
このポジション修正も、相手がトラップしてからではなく、ボールが動いているうちに行わなければなりません。
間に合っていないポジション修正は、間違ったポジショニングと同じです(T T)

最初は迷子だったがんちゃんやながまっちゃんも、練習を繰り返すうちに徐々にポジショニングが良くなってきました。
やっぱり練習は必要ですね、次の試合に期待です♪

それからいつものOFパターンの練習。
今日はその中でも底でのボールの持ち方を特にピックアップしました。

ボックスでボールを回す時、プレースペースを確保するために広くポジショニングしていると、底の横パスの距離がとても長くなってしまいます。
このままパスを出すと、ハイエナのようにボールを狙っている相手選手にカットされ、大ピンチを迎えてしまいます。
そこで、パスを出す前にボールを真ん中まで運んでやると、横パスの距離が短くなってハイエナさんにカットされにくくなります。

ただ、この時運ぶ方向に体を向けたり、ボールだけを見てしまうと、ハイエナさんに飛びかかられてしまうので注意が必要です(^^;)
ボールを横に運ぶ時でも体は相手ゴール側を向き、いつでもパスを出せる状態を維持する必要があります。
この辺は言葉で説明するより、実際にやった方がわかりやすいと思います。
結構コツがいる難しいプレーなので、たまに練習メニューとしても取り入れていますよ。

そしてもうひとつ大切なのがボールを受ける味方のポジション。
ボールを持っている味方がプレスを受けると助けに行きたくなりますよね。
わかりますその気持ち。だってチームメイトですから。
でもそこは敢えて心を鬼にしてぐっとガマンです。

あなたがボールに寄ることで、あなたをマークしている相手のDFもボールに寄って来ます。
それは前へのパスコースを狭め、ボールを持っている味方が使えるはずだったスペースを無くす事を意味します。
良かれと思ってやった事が裏目にでる。ありますよねー、人生でもw
せめてフットサルくらいは賢くプレーしちゃいましょう(^^)


さてさて、そんなParar Pegarは現在絶賛メンバー募集中!
今コレを読んでいるアナタの参加をお待ちしています!
詳しくはホームページへどうぞ~(^^)/


さっさん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pararpegar.blog112.fc2.com/tb.php/203-560efb80

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。