2011-03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に金曜日の担当します。金曜日の参加が久しぶりだったので、普段と違う内容の練習になってしまいました。

3月18日(金)・・・指導役 住田

①アップ・・・ウオーキング→ウオーキング鬼ごっこ→スキップ鬼ごっこ

②ライン

③3対1・・・マーカーで4角形を作り、攻撃者はマーカーとマーカーの間に位置する。OF側は1つだけ空いている辺があるので、その空いている辺へのドリブルでの侵入を狙う。ただし、狙える人は空いている辺の向かい側の辺の選手のみ。パスは何回回しても良い。DFはとにかくボールを奪いに行く。ここで、DFがボールをとりに行かずに待っているだけのDFをしているとOF側の練習に全くならない。

★ポイント
○DF側はとにかくボールを奪いにいくこと。待ってスペースを消すだけではダメ。奪いにいくことが大切。

○OF側は、いかにDFをひきつけて、味方がドリブルできるスペースを作ってやれるかが重要。また、パスをもらった選手は、パスをもらう前にしっかりと周りを見て、DFがどこにいるのか、スペースはあるのかなどを確認し、良い判断でドリブルでの侵入を図る。何事もチャレンジが大事。常に消極的なパスしか狙わない選手は、試合中もそういう判断しかできなくなる。取られてもいいからやってみることが大切。

④2対1(OF2、DF1)・・・ボールはゴレイロからスタート。OFはシュートまでいく。DFはゴレイロと協力して守る。今回は、フットサルにおける数的不利での守り方の基本を中心に行った。

★ポイント
○OF側には攻め方言いませんでしたが、カウンターの為、「速く攻めること、シュートまでいききること」が何よりも大切です。数的有利な状況で時間をかけてはカウンターの意味がないですからね。

○DF側は、①カウンターを受けた時点でまずは自陣まで下がる(目安としてはアスコなら第二PK付近) ②OF間のパスコースを遮断しながら、縦方向へ行かせる ③縦へ行かせたら、OFへのパスコースを遮断しつつ、ファーサイドへのシュートコースを切りながら、身体をよせていく。 ④相手がシュートを打つ状態になれば、身体を投げ出しシュートブロックをする。 ⑤ ②の時点でパスを出されてしまったら、ゴレイロが飛び出せる位置であれば、ゴレイロにまかせ、パスを出した側のOFのマークをしつつカバーにはいる。これで数的同数が作りさせる。ゴレイロが飛び出せない位置取りであれば、DFは連続でプレッシャーに行く(この判断はゴレイロが指示)

⑤2対2・・・両ゴールをペナルティエリア先端まで出した状態で2対2.ルールとしては、ボールはゴレイロからスタート。DF側は基本的にはOFに対してべたづきすること(OFの駆け引きの練習の為)。コーチが終了というまで続けること

★ポイント
○DFは、攻守の切り替え時点でマークする相手をしっかりと確認し、べたづきすること。ゴレイロからのスローを直接インターセプトを狙う。ここでDFが離れた状態でいつもいるとOFの駆け引きの練習にはならない。

○OFは、ゴレイロがボールを持った時点で、DFと駆け引きし、ボールを引き出す。DFの位置どりや、どの程度ついてきているか、身体の向きはどうかなどを見つつ、フェイクを入れる。

⑥2対2・・・基本的には⑤と同じだが、DF時にボールを奪ったら、必ず味方ゴレイロにボールを下げ、そこからボールを引き出すこと。

⑦ナンバーカードゲーム・・・2チームに分け、カードに1~3の数字を3つずつ書く。それぞれのチームに監督役を置くこと(監督は監督に専念しても良いし、プレーしてもかまわない)。コーチがボールを出した時点で、選択した数字(1~3)の人数がコートに出てくる。1対2や、1対3になることもありうるが、プレー開始から、5秒以内であれば、人数を変更することができることとする。各チーム使える数字は1~3ともに3回ずつである。終了の合図はコーチがおこなう。

★ポイント
○数的不利になった場合の守り方はどうだったかを思い出す。逆に数的有利な人数になった場合は必ず得点しなければ、あとあと自チームが苦しい展開となることを理解しておく。

⑧ゲーム

⑨総括・・・普段の金曜日とは違った内容になったかと思いますが、2人の関係、数的不利の守り方などは、初心者であっても、上級者であっても必ず知っておくべきことです。基本を押さえた上で、チームそれぞれの守り方や攻め方が加わります。まずは基本をしっかりと理解しましょう。毎回こういった形でやるわけではありませんが、今日参加された方は、よく覚えておいてくださいね。また、今日はプレー中にコーチがストップをかける場面もありました。だらだらやるだけでは意味がないし、何が悪かったのかを理解してもらう為にやりました。自分たちでも何故守れなかったのか、何故ゴールできなかったのかを考えながらやってみましょう。

では。

スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。