2017-10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

昨年は前年からの引き続きで男女ともにリーグ戦に挑戦しました。
これまでの経験をどれだけ試合に活かせるかと意気込んでシーズンインしたのですが、蓋を開けてみれば仕事等の環境の変化で来られなくなったメンバーが相次ぎ、大変な1年になりました。
男子は試合に人数が揃わず3人で試合をしたこともありましたし、女子は主力の離脱でサッカー経験者がいなくなってしまいました。
そのような状況でもしっかりと前を向いてやりきってくれたことは非常に価値のある事ですし、各メンバーのかけがえのない財産になったのではないかと思います。
男女とも1月に最終戦を残していますので、ぜひいい結果を残してもらいたいものです。

反省すべき点としては、昨年当初にリーグ偏重にならないよう注意していたにもかかわらず、結果的にはリーグに登録していないメンバーには参加しづらい環境にしてしまったことです。
パラペガは競技チームではありませんので、リーグ戦は有志メンバーによるプラスアルファの活動なのですが、そこの切り替えがうまくいかなかったように思います。
そういったことから今年は、パラルペガルというチームは何のためにあるのか、そしてどこを目指すべきなのかといったチームの本質をもう一度見つめ直し、チームの立ち位置をはっきりさせる原点回帰の年にしたいと考えています。

昨年9月をもってチームの活動は5年目に入りました。
課題はいろいろありますが、ここまで継続できたのは、これまでパラペガにというチームに縁があった全ての方のご協力とご支援のたまものであり、本当にありがとうございます。
これからもパラペガでフットサルができて良かったと言って貰える様なチームを目指していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

この1年がパラペガにとって、そしてみなさんにとって素晴らしいものになりますように。


平成24年元旦
Parar Pegar代表 佐々木 裕道
スポンサーサイト

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

昨年は男女ともにリーグ戦に出場し、これまでになく勝負にこだわった年となりました。
特に女子は、ほとんどのメンバーがミックスでのゲームしか経験したことが無く、序盤は全く勝てない試合が続きましたが、試合をする度に少しずつ成長し、終盤には互角以上の戦いを見せて結果も残してくれました。
一方の男子も、最初こそ好き勝手なプレーが目立ちましたが、メンバーでしっかり目標を持って話し合いを繰り返すことによって、チームとしての成長を見せてくれました。
こういった結果を残すことができたのも、皆さんのご理解とご協力によってしっかりとした練習環境が維持できているからであり、とても感謝しております。
今シーズン男子は残り1試合、女子はあと2試合を残していますので、しっかり準備して少しでもいい結果を残してくれたらと思います。

また、かねてから計画されていたチーム関連グッズも、素晴らしいデザインのスウェットとプラシャツを作成することができました。
おかげさまでたくさんの方に着ていただいて、チームとしての一体感を増すひとつの要因になっているのではないかと思います。

今年は昨年に引き続いて男女共にリーグ戦への登録、特に男子はチームとして2年振りのミドルリーグ登録を予定しています。
相手のレベルが上がる中でどれだけ自分達の良さを出せるか、そしてひとつでも多く勝ち星をあげることができるよう、チーム一丸となってサポートしていきたいと思います。
その一方で、リーグメンバー中心になりがちな活動の中、メンバー全員が上達するというチームの原点を見失わないようにしなければならないとも考えています。
特にリーグメンバーには、リーグ戦で得た経験を他のメンバーにフィードバックしてもらい、チーム全体としてレベルアップしていければと思っています。
そしてリーグメンバーもそうでない方も、パラペガの一員であることに誇りが持てるようなチームにしていきたいと思っていますので、今後ともご協力をよろしくお願いします。

この1年がパラペガにとって、そしてみなさんにとって素晴らしいものになりますように。


平成23年元旦
Parar Pegar代表 佐々木 裕道

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

昨年は毎回の参加人数も安定し、県外に遠征に行くなどパラペガにとって大きな飛躍となる1年でした。
何よりも感じるのはメンバー相互の絆がとても強くなったということで、それはこの1年で新たに加入したメンバーが17人という数字にも表れていると思います。
ついこの間まで個人参加と揶揄されていたことを思うと感慨深いものがありますし、これも全てみなさんのご協力の賜物であり、とてもとても感謝しています。

個人的には一昨年の右膝前十字靭帯損傷から回復し、再びボールが蹴れるようになりました。
それまで当たり前のようにボールを蹴っていたことが当たり前でも何でもなく、凄くありがたい事だとわかったのは、自分にとってとてもプラスになったと思います。
いつまでもこの気持ちを忘れないように、そしてそれを教えてくれたフットサルや、怪我の間支えてくれたみなさんにも恩返しができるよう頑張っていきたいです。

今年はチームの活動日、活動場所も増え、昨年にも増して変革の年になります。
それ以外にも、男女ともにリーグ戦に出場することや、フットサルの技術だけでなく身体の使い方やケア等メディカルサポート面の拡充、グッズやイベントの更なる充実などいろいろな事を計画していますので、これまで同様、みなさんのご協力をよろしくお願いいたします。

この1年がパラペガにとって、そしてみなさんにとって素晴らしいものになりますように。


平成22年 元旦
Parar Pegar代表 佐々木 裕道

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。